【生レバーと下処理が大切】

話題の「牛レバ刺し販売禁止」最後の晩餐の方も多いのではないでしょうか?

レバーは、好き嫌いがハッキリわかれますよね。

大好物!という人もいれば、絶対食べられない!(私も以前まで)という方も、千差万別。

そこで今日は、レバー克服マメ知識をご紹介します。

◎ホップデュベルの焼鳥 「鶏レバー」

ホップデュベルのレバー

【おいしく食べる2ポイント】

①新鮮であること(生がオススメ)

②下処理を十分にして調理すること

下処理は色々あり、まずは血や血管をきれいにカットし流水でよく洗い流します。

他にも、牛乳に漬けこむ、沸騰した鍋のお湯に酢をいれ下ゆで等もあります。

この下処理をするだけで、レバー独特のクセが改善されます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

ホップデュベルのレバーは、風味が香ばしくただよい、口に入るとスゥーっと、なめらか濃厚。

もちろん独特のクセがないので、レバーが好きになった!というお客さまもたくさん出会いました^^

私もかつてはレバーが付くものすべて、レバ刺し、レバニラ炒め、レバー串焼き、レバーパテも苦手でしたが、

新鮮でクセのないホンモノのレバーを食べて概念が変わった一人です。

だから、生まれて初めて食べるものは大事ですよね。

ちなみに、私が初めて食べたレバーは、小学生のとき母が作ってくれたパサパサのレバニラだった気がします(笑

みんなでレバー食べて、鉄分とって免疫力アップしていきましょう!

 

あなたが人生初めて食べたレバーはいかがでしたか?

 

 

 

 

【お問合せ】

「焼鳥ホップデュベル」

東京都港区新橋3-3-4 駒倉ビル1F
TEL:03-3581-7773
FAX:03-6862-6539
Mail:info@hori-japan.com

※ご予約はお電話のみでお願いしております。

6月 30, 2012   //   by hop-duvel   //   メニュー  //  【生レバーと下処理が大切】 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.